スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土用の丑(うし)のうなぎ

平賀源内

土用の丑の日に「うなぎ」を食べる由来について一筆啓上いたします。


今回のお話は,江戸時代の中後期のこと。この時代,鰻(うなぎ)を養殖するといった知識が全くなく,鰻といえば天然鰻がほとんどでした。

そして天然鰻だと,成魚に達して脂が乗り,食べごろになるのは秋から初冬であることから,夏はまだ脂が乗っておらず,世間には「夏に鰻を食べる」という風習がありませんでした。



これに困っていた鰻屋が,夏に売れない鰻を何とか売れる方法がないかと,蘭学者である平賀源内に相談したところ,源内は
「丑の日に“う”の字が付くものを食べると夏負けしない」
という民間の言い伝えからヒントを得て,「本日,土用の丑の鰻の日」と書いて店先に貼ることを勧めました。

勧められるとおりにしたところ,鰻は飛ぶように売れ,その鰻屋は大変に繁盛しました。

それを伝え聞いた他の鰻屋も真似るようになり,やがて夏の「土用の丑の日に鰻を食べる」という風習が定着したと言われています。



ちなみに今年,平成24年の「土用の丑の日」は7月27日にあたります。

みなさんも歴史に思いを馳せながら,今年も土用の鰻を召し上がってはいかがでしょうか。

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ 次の記事へ>>

プロフィール

陰陽おじさん

管理人:陰陽おじさん
中医推拿学術研究会 会長
北居恒夫


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
陰陽おじさん主宰の整体学院
東洋醫学療術専門学院では中国伝統医学に基づく推拿すいなの整体師を育成しています。
推拿セラピスト・通信講座
わかりやすいテキストとDVD教材による通信講座です。DVD教材の一部をご紹介します。



通信講座の詳細は、リンクの東洋醫学療術専門学院のホームページをご覧ください。
中国伝統医学「推拿」の施術

寝違えの推拿施術
小児推拿・幼児の便秘(1)  小児推拿・幼児の便秘(2) 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。