スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋分の養生

秋分
秋分は二十四節気の16番目の節気で,新暦の9月22日ごろにあたります。

この日は秋の彼岸(ひがん)の中日(ちゅうにち)で,国民の祝日にも定められ,亡くなられた人の霊をしのぶ日にあてられています。



また,ほとんどの地域はさわやかな秋に入り,南下する寒気が,暖かく湿った空気と重なるたび,急に天候が変り雨が降ることが多く,気温もその都度下がり始めます。

昔からの諺(ことわざ)に「女心(おんなごころ)と秋の空」とか「弁当を忘れても,雨具は忘れるな」という言い伝えがありますが,秋分以降の降水量はそれほど大きくはありません。

秋分の節気はすでに本格的な秋の季節に入り,昼と夜の長さがほぼひとしく,この日を境にして徐々に昼が短く,夜が長くなってきます。



人々は早寝早起きを心がけ,朝早く屋外に出て秋のすがすがしい空気を胸いっぱいに取り入れ,身体に対して不良な影響を与える「粛殺(しゅくさつ)の気」(草木を枯らす気)を免(まぬが)れなければなりません。


これに逆らえば,肺の働きが損傷され,皮膚の乾燥や肌荒れ,全身のかゆみ,各部の栄養状態が低下するなどの症状が現れ,冬に消化機能が低下して下痢などを起し,冬のきびしい寒さをうまく過ごすことができないこともあります。


コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ 次の記事へ>>

プロフィール

陰陽おじさん

管理人:陰陽おじさん
中医推拿学術研究会 会長
北居恒夫


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
陰陽おじさん主宰の整体学院
東洋醫学療術専門学院では中国伝統医学に基づく推拿すいなの整体師を育成しています。
推拿セラピスト・通信講座
わかりやすいテキストとDVD教材による通信講座です。DVD教材の一部をご紹介します。



通信講座の詳細は、リンクの東洋醫学療術専門学院のホームページをご覧ください。
中国伝統医学「推拿」の施術

寝違えの推拿施術
小児推拿・幼児の便秘(1)  小児推拿・幼児の便秘(2) 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。