スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒豆(クロマメ)<脳細胞を活性化させ,更年期障害や骨粗鬆症に有効>

クロマメ
秋分(しゅうぶん)の食養生・お勧めの食材,穀類では黒豆(クロマメ)がお勧めです。


原産地は中国で,栽培の歴史は5000年にもおよび,古くから漢方薬として用いられた記録が残されています。

日本へも弥生時代の後期には伝わっていたといわれ,江戸時代には「久呂万米(くろまめ)」の記述があり,ダイズと区別されていたことがわかります。

民間生薬では黒豆衣(くろずい)という名称で使用されています。



クロマメの黒い色素であるアントシアニンには強い抗酸化作用があり,ガン予防や糖尿病の改善,視力の回復,肝機能強化などさまざまな働きがあります。

ダイズの一種で,ダイズと同じく数々の有効成分をもち,血管を丈夫にし,脳細胞の活性化に役立つレシチンや,コレステロール値の低下や高血圧の予防に有効なサポニン,またダイズの2倍の量を含むイソフラボンは更年期障害や骨粗鬆症を予防します。

脂質の多くを占めるのはリノール酸で,これにもコレステロールを減らす作用があります。
エネルギー代謝や細胞の再生を活性化するビタミンB1・B2が多く,造血に不可欠な鉄も多く含まれています。



中医学では,腎の働きを強め,骨や歯を丈夫にして,子供の成長・発育・歯の生えかわり,身長が伸びない,運動がにがてなどを向上させ,大人では白髪や聴力の低下,骨粗鬆症,足腰の衰え,更年期障害などの老化現象を防ぎ,脳細胞の活性化を高め,学習能力や記憶力を促進させ,老人性の認知症の改善と予防に役立つとともに,肺機能と協調して,皮膚・細胞内の水分を調節し,肌に弾力性をもたらせ,乳幼児の湿疹・神経性による皮膚炎,婦人の産後の風邪による痛みやマヒ,あるいは急激な筋肉の痙攣,インフルエンザウイルスによる発熱などの改善にも高い効果があります。

また,肝機能を強化して,視力を向上させ,筋肉を増強し,精神・情緒を和らげ,ストレスやイライラ,怒りっぽいなどを解消し,肝臓の血液不足による目まい,頭痛,寝汗,手足のしびれ,筋肉のひきつれなどを改善して,胆汁の分泌を促し,コレステロール値を下げ,脂質の代謝を強めて,生活習慣病である動脈硬化や高血圧の予防と改善に有効とされています。


コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ 次の記事へ>>

プロフィール

陰陽おじさん

管理人:陰陽おじさん
中医推拿学術研究会 会長
北居恒夫


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
陰陽おじさん主宰の整体学院
東洋醫学療術専門学院では中国伝統医学に基づく推拿すいなの整体師を育成しています。
推拿セラピスト・通信講座
わかりやすいテキストとDVD教材による通信講座です。DVD教材の一部をご紹介します。



通信講座の詳細は、リンクの東洋醫学療術専門学院のホームページをご覧ください。
中国伝統医学「推拿」の施術

寝違えの推拿施術
小児推拿・幼児の便秘(1)  小児推拿・幼児の便秘(2) 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。