スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牡蠣(カキ)<精神や情緒を安定させ,体力の増強に役立つ>

カキ
霜降(そうこう)の食養生・お勧めの食材,貝類では牡蠣(カキ)がお勧めです。


日本各地の岩礁に付着して生息し,生息する環境によって大きさや形態が異なり,小さいものは殻長約4cmで,大きいものでは30cmにもなります。
卵巣も精巣も外見が似ており,昔はすべてオス(牡)と思われていたため「牡蠣」と呼ばれるようになったといわれています。

世界中に約100種類も存在し,オス・メスに分かれているもの,オス・メス同体のもの,性転換するものもいます。
日本で流通しているほとんどが養殖のマガキと呼ばれているものです。



海のミルクといわれ,栄養価が非常に高く,しかも低脂肪で,即効性のあるエネルギー源であるグリコーゲンが豊富で,スタミナ不足の解消や疲労回復に高い効果があります。
また,この時期にはグルタミン酸やグリシン,アラニンなどのアミノ酸系の旨味成分も多く含まれるようになり,カキの味わいを深くしています。

このほか,ビタミンB1・B2・B12・Eやカルシウム,鉄,銅,亜鉛など他種類のビタミン,ミネラルが豊富に含まれています。



中医学では,生薬名を牡蠣(ぼれい)といい,肝機能を強化して,視力の低下や筋肉疲労を回復させ,精神・情緒を和らげ,頭のふらつきや頭痛,冷や汗,手足のしびれやひきつり・ふるえなどを改善して,胆汁の分泌を促し,コレステロール値を下げ,脂質のエネルギー代謝を活性化させ,生活習慣病の一つである高血圧の予防と改善に有効とされています。

また,解毒作用を高めてアルコール中毒や二日酔いを改善する働きがあります。



【注意】

牡蠣は,顔色が黄色く艶(つや)がなく,食欲不振,唾液がうすく口からあふれ出て寒がる,上腹部が脹れて痛み,小便が透明,腰や背中に鈍痛を感じる,大便がうすくてドロ状などの症状がある人は食用を避けるがよろしいでしょう。

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ 次の記事へ>>

プロフィール

陰陽おじさん

管理人:陰陽おじさん
中医推拿学術研究会 会長
北居恒夫


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
陰陽おじさん主宰の整体学院
東洋醫学療術専門学院では中国伝統医学に基づく推拿すいなの整体師を育成しています。
推拿セラピスト・通信講座
わかりやすいテキストとDVD教材による通信講座です。DVD教材の一部をご紹介します。



通信講座の詳細は、リンクの東洋醫学療術専門学院のホームページをご覧ください。
中国伝統医学「推拿」の施術

寝違えの推拿施術
小児推拿・幼児の便秘(1)  小児推拿・幼児の便秘(2) 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。