スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャベツ<胃の粘膜を再生し,精神安定やイライラの解消に役立つ>

キャベツ

小雪(しょうせつ)の食養生・お勧めの食材,野菜類ではキャベツがお勧めです。

原産地はヨーロッパで,当初は結球しない葉菜でした。
紀元前にイタリアでゆるく球を結ぶ軟球キャベツが誕生し,品種改良を経て現在の結球キャベツになりました。
日本へは江戸時代に渡来し,明治の終わりごろから食用として広まりはじめました。

キャベツはケールから分かれて変化したもので,ギリシャ・ローマ時代から消化を促す働きが注目されていました。
日本では明治時代になって本格的な栽培が始まり,戦後に消費が急増しました。
現在では全国に普及し,ダイコンに次ぐ収穫量を誇ります。
トンカツのつけ合わせでもおなじみですが,ソースをかけて生食するのは日本だけのようです。



キャベツから発見されたキャベジン(ビタミンU)は胃の粘膜を再生して消化作用を強め,胃炎や胃潰瘍などの予防に役立ちます。
ビタミンCも豊富ですが,どちらも芯の部分により多く含まれています。
また,骨や歯を強化し,精神安定やイライラの解消に役立つカルシウムも多く含まれています。



中医学では,肝と胃の働きを強め,解毒作用を促し,慢性胆のう炎による頭痛をやわらげ,血栓を防ぎ,生活習慣病である高血圧や動脈硬化を予防し,精神・情緒を安定させ,イライラ,怒りっぽいなどを緩解し,胃の粘膜を再生して,消化不良や食欲不振,胃もたれ,胃痛,嘔吐,上腹部の腫れ,口臭を改善する効果があります。

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ 次の記事へ>>

プロフィール

陰陽おじさん

管理人:陰陽おじさん
中医推拿学術研究会 会長
北居恒夫


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
陰陽おじさん主宰の整体学院
東洋醫学療術専門学院では中国伝統医学に基づく推拿すいなの整体師を育成しています。
推拿セラピスト・通信講座
わかりやすいテキストとDVD教材による通信講座です。DVD教材の一部をご紹介します。



通信講座の詳細は、リンクの東洋醫学療術専門学院のホームページをご覧ください。
中国伝統医学「推拿」の施術

寝違えの推拿施術
小児推拿・幼児の便秘(1)  小児推拿・幼児の便秘(2) 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。