スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜知次(キチジ)<皮膚や粘膜の代謝を高め,細胞の老化を防止>

キチジ
大雪(だいせつ)の食養生・お勧めの食材,魚介類では喜知次(キチジ)がお勧めです。

キチジはカサゴの仲間で,頭部にとげがあり,ごつごつしており,鮮やかな朱色で,背びれの基部に黒斑があるのが特徴です。
黄色みの強い血のような体色であることから「黄血魚(きちじ)」とも書きます。

もともとは北海道の地方名であったものが全国に広まったとされます。
アイヌ語をもとにしたキンキ,キンキンという呼び名でも有名です。

刺身や煮つけ,干物やかす漬けなどにもされます。
なかでも仙台名産の「笹かまぼこ」の原料としても有名です。



魚には珍しくタンパク質よりも脂質が多く,生活習慣病の予防に有効な不飽和脂肪酸のDHAやIPAが豊富に含まれており,ビタミンEも多く,脂質の酸化を防ぎ老化を予防します。
ビタミンAも豊富なため,目の健康を保ち,皮膚や粘膜を保護し細胞の老化を抑制します。
血合(ちあい)にはタウリンが含まれ,血中コレステロール値を下げ,動脈硬化や高血圧に有効です。



中医学では,腎臓の働きを促し,脳細胞を発達させ,学習能力や記憶力を高め,老人性の認知症を防ぎ,肺や肝臓の作用と協調して,皮膚・粘膜の代謝を活性化させ,肌に潤(うるお)いと弾力性をもたらせ,小皺(こじわ)を抑え,アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー症状の緩和と改善に効果があります。

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ 次の記事へ>>

プロフィール

陰陽おじさん

管理人:陰陽おじさん
中医推拿学術研究会 会長
北居恒夫


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
陰陽おじさん主宰の整体学院
東洋醫学療術専門学院では中国伝統医学に基づく推拿すいなの整体師を育成しています。
推拿セラピスト・通信講座
わかりやすいテキストとDVD教材による通信講座です。DVD教材の一部をご紹介します。



通信講座の詳細は、リンクの東洋醫学療術専門学院のホームページをご覧ください。
中国伝統医学「推拿」の施術

寝違えの推拿施術
小児推拿・幼児の便秘(1)  小児推拿・幼児の便秘(2) 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。