スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀鱈(ギンダラ)<血行を促進し,皮膚・粘膜を丈夫にして,病原菌に対する抵抗力を高める>

ギンダラ
小寒の食養生・お勧めの食材,魚介類では銀鱈(ギンダラ)がお勧めです。

北海道の太平洋岸からカリフォルニアにかけての北太平洋に分布しています。
現在はアメリカやカナダからの輸入が多く,北洋の魚のなかでは高級魚とされています。

日本では塩焼きや味噌漬けで,アメリカでは燻製にして食べられることが多いようです。

1〜2年目の幼魚は海面近くを回遊していますが,3年目ごろからは数百メートルの深いところに移動する深海性の魚です。
体の色は黒いですが,身は白くてやわらかく,おいしく食べられます。



市場に出ているギンダラは主にアラスカから輸入したもので,脂肪分が20%と非常に多いですが,脂質には血栓を予防し血行を促進するIPAや脳細胞を活性化するDHAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。
いずれもコレステロールを減らし,ガン予防に有効です。

ビタミンAが非常に多いため,皮膚・粘膜を丈夫にし,ウイルスや病原菌に対する抵抗力を高めます。
また,カルシウムの吸収を助けるビタミンDや老化を防ぐビタミンEも多く含まれています。



中医学では,心臓の働きである血液の循環を促し,血栓の形成を抑え,精神・情緒を安定させ,動悸や息切れ,声が弱々しいなどを解消し,腎機能と協調して,骨や歯を丈夫にし,脳細胞を活性化させ,学習能力や記憶力を高め,老人性の認知症を防ぎ,肺の働きと連動して,皮膚・粘膜を丈夫に保ち,肌に潤いと弾力性をもたらせ,細胞の老化を防ぎ,病原菌に対する抵抗能力を強める働きがあります。

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ 次の記事へ>>

プロフィール

陰陽おじさん

管理人:陰陽おじさん
中医推拿学術研究会 会長
北居恒夫


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
陰陽おじさん主宰の整体学院
東洋醫学療術専門学院では中国伝統医学に基づく推拿すいなの整体師を育成しています。
推拿セラピスト・通信講座
わかりやすいテキストとDVD教材による通信講座です。DVD教材の一部をご紹介します。



通信講座の詳細は、リンクの東洋醫学療術専門学院のホームページをご覧ください。
中国伝統医学「推拿」の施術

寝違えの推拿施術
小児推拿・幼児の便秘(1)  小児推拿・幼児の便秘(2) 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。