スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚肉(ぶたにく)<肌にうるおいと弾力性をもたらせ,小じわを防いで,若々しさを保つ>

ぶた
夏至(げし)の食養生・お勧め食材,肉類では豚肉をお勧めします。

中国では紀元前2200年頃から飼育されており,中国料理には欠かせない食材の一つです。
日本では食材として一般化したのは明治の中ごろ。
沖縄では中国の影響で古くからブタが飼育され,食べられてきました。



豚肉は部位により多少の違いはありますが,100gのうち14〜23gがタンパク質で,必須アミノ酸をバランス良く含む食肉です。
その一つトリプトファンは,体内で神経伝達物質をつくり出し,精神の安定に働くことが知られています。
ビタミンB1やビタミンB2はほかの食肉に比べて非常に多く含まれており,疲労回復やダイエット,夏バテ防止などに高い効果があります。
脂肪にはコレステロール値を下げるオレイン酸やリノール酸が多く含まれています。
また,レバーは鉄分が豊富で,貧血の予防や改善に有効です。

豚肉には旋毛虫という寄生虫がいることがありますが,60°C以上で加熱すれば問題はありません。



中医学では,「腎(じん)」の臓の働きを強化するとされており,脳細胞の代謝を促し,学習能力や記憶力を向上させ,脳血管を丈夫にして,老人性の認知症や健忘症を防ぎ,骨や歯を強め,子供の成長・発育を促進させ,肺と共同して,新陳代謝を促し,皮膚や粘膜を保護し,肌にうるおいと弾力性をもたらせ,小じわを防いで,若々しさを保つ効能があります。

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ 次の記事へ>>

プロフィール

陰陽おじさん

管理人:陰陽おじさん
中医推拿学術研究会 会長
北居恒夫


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
陰陽おじさん主宰の整体学院
東洋醫学療術専門学院では中国伝統医学に基づく推拿すいなの整体師を育成しています。
推拿セラピスト・通信講座
わかりやすいテキストとDVD教材による通信講座です。DVD教材の一部をご紹介します。



通信講座の詳細は、リンクの東洋醫学療術専門学院のホームページをご覧ください。
中国伝統医学「推拿」の施術

寝違えの推拿施術
小児推拿・幼児の便秘(1)  小児推拿・幼児の便秘(2) 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。